はつもの

いきてるよ~

次なる発熱、蒸気まみれ

東大寺にある香木が芸名の由来らしいお笑いコンビにハマった。

2021年12月19日、精神的行き止まりを感じて予約した心療内科にいく2日前にハマった。

ハマってから切れ目なく動画見て笑いまくっていたら医者に行く理由がなくなってしまった。それくらいハマった。

自分でドン引きしているので一度冷静になるために脳内文字起こしを試みる。

 

第一に、自分はお笑いファンではない。

M-1を通しでちゃんと見たことも記憶にある限り1回しかない。2019年、よく見るようになった配信者がお笑いファンで、触発されて見てみたら何組かのネタがマイブームになった。敗者復活とか見たことない。そのくらいだ。

昔こそエンタの神様をかぶりつきで見ていたし、大晦日は毎年決まってガキ使を見る。でもそのくらいだ。お笑いというジャンルではなく、面白いものが好き。それだけだった。

一人暮らしを始めてからはテレビを見ること自体なくなった。流行りの芸人はヒルナンデスで知る。

まず芸能人を推す人の気持ちを想像することもできなかった。配信者一人追うことすら疲労する自分からしたら、俳優やアイドルを追っている人のポテンシャルは憧れであり非現実だった。

 

それがどうだ。この一週間、仕事以外のすべての時間を蘭奢待に費やしている。時間だけでなくそれなりの金も使っている。頭がおかしい。

動画、過去番組、SNS、ラジオ、ポッドキャスト、DVD、配信ありのライブ。

他人の脳みそと入れ替えられたんかと思う。どれ見ても面白い。欲張りの勢いが衰えない。

「カバーしなきゃいけない範囲が広すぎる」「交友関係把握しきれない」「どうせ全部追えないし遡れないのに」「どうせ来週には飽きる」といった配信者追いとのギャップによる疲労疲労として響いてこない。

 

 

何がツボなのか、なんで笑ってしまうのか、なんでこんな追いたいと思うのか。

どうせ考えてもわかんねえからそういうのは割愛する。ただ混乱しながら笑うことしかできない。

 

ただひとつ、誰も見ていないブログにしか書けないことがある。

ボケの人の顔が好きだ。このコンビを知るまでそれを自覚したことはなかったが、ボケの人の顔につい目が行ってしまうことに嫌気がさしたことではっきりとわかった。自分はこの系統の顔がどうしても好きらしい。

なぜ嫌気がさしたかというと、横顔、ふつうのときの顔、なにより笑っているときの顔が元カノにそっくりだからだ。

スマホにはもう元カノの写真が残っていないので卒アルを引っ張り出してきて比較した。この卒アルの名簿写真が好きでねぇ。今もこの笑顔の写真だけは好きだ。そしてボケの人にそっくりだった。ちくしょう。

元カノも歯並びがちょっとがたがたしていて、丸くて、髪型も似た感じで、身長もわりと近くて、眉こそボケの人よりは細かったが目元も似ている。体系はボケの人のほうが細い。でも悔しいくらい似ている。どうして。

絶対に顔ファンだと思われたくないし顔が好きで追っかけるようになったわけでもない。いろいろ調べた結果顔「も」好きだったってだけだ。決して顔目的で特命Pやファッション雑誌に金を出したわけではない。決して。

 

スーツ着てるボケの人の写真をつい保存してしまうのだけは正直勘弁願いたい。2000%容姿の好みだ。コンビでスーツ相性抜群だがボケの人のスーツ相性がカンストしている。好みの顔の人がド性癖のスーツや眼鏡でそれが似合ってんだったらそんなものはしょうがない。元カノと万が一関係が続いていたらこれが生で見れたんだろうか、とかそういう気持ちが一瞬脳裏を過るのも許されたい。自分に許されたい。

お笑いコンビにハマったことで元カノと関係を切ったことを後悔するのはほんまもんのバカ。アホよそんなもん。

おととい夕寝したときにスーツ着た蘭奢待が風猫の途中でビリー・ジーンを二人で踊っている夢を見た。ボケの人のズボンがいつビリっと逝くのかずっとハラハラしていた。完全に欲が出た夢だった。

 

見慣れるまではグッと歯を食いしばるしかない。

ネタやってるときの顔が面白いのが幸いだ。